超簡単!男が作る究極、最高の絶品丼もの料理はこれだ。

スポンサーリンク

肉、カレー、ラーメンなど。分かり易いメニューが好きなのは男性の性分だと思います。ですが、<br>代も後半になってくると、お肉ばかりではなく、ためにはお魚料理が恋しくなったり、あるいは”本当の贅沢”は実は”いい魚”なのではないか!?と思ったりもするのです。

スポンサーリンク

家で簡単に作れるお魚丼もの料理を紹介します。

まずはスーパーで白身魚の短冊を購入して下さい。値段は300〜700円くらいの手頃なサイズのものがいいと思います(それでもお茶碗4杯分は楽しめます)

今回はハマチの短冊。400円でこの大きさです。
刺身大に切っていきます。
こんな具合です。刺身で食べても美味しいので少しは醤油とワサビで食べてもいいですが、今回紹介する調理法は刺身で食べるよりももっともっと楽しく美味しく、そして男心を興奮させる食べ方なので、つまみ食いはほどほどに。
ポイントの1つ。「だししょうゆ」を使います。
こんな具合に身が浸るくらいに入れて、漬けます。

この状態で5分程度待ちます。漬けると魚の臭みは全く感じなくなります。

ではご飯に乗せていきます。
美味しそうですねー。
でも、これで終わりではありません。
漬けてた「だししょうゆ」をスプーンで5杯ほどかけます。
私の場合はこの「ぶっかけ韓国のり」が好きなのですが、お好みの海苔をパラリとかけて下さい。
こんな具合でひとまず完成です。

一緒にすると本家に怒られるかもしれませんが、愛媛県の郷土料理。宇和島の「鯛めし」に近いイメージです。
ホント最高!刺身の漬けも美味いし、だししょうゆがかかったご飯も美味しい。贅沢なこの料理がここまででコストにすると約150円(400円の短冊1/4と、お茶碗一杯分の白米です)。

これだけでも十分美味しいのですが、この料理はここから2倍、いやそれ以上に楽しむことができます。それは「お茶漬け」にして、刺身に熱を入れた状態、いわゆる半生(なま)の刺身を味わうのです。

単にお茶をかけるのではなく、このような出汁を作るのがオススメです。
できた出汁を漬け刺身を乗せた丼ぶりにかけます。ゆっくりかけて透明の刺身が白濁していく様子を楽しみます。
これです。
最高の一品。ぶりの刺身をしゃぶしゃぶして鍋で食べる「ぶりしゃぶ」にも近いかもしれません。生の刺身に熱い出汁をかけることで、魚の色んな食感を楽しむことができます。嗚呼、今週も幸せ‥。
お茶漬けまでセットの料理は中々ありませんが、外で食べれば刺身の丼だけでも1000円以上かかりますよね。それに更にお茶漬けまでセットできるこの贅沢。

鯛でもブリでもハマチでも、あるいはサーモンなどの赤身魚でも応用できる簡単絶品丼ぶりです。

ぶっきらぼうな30代男性の皆さんにこそ、是非オススメしたい丼もの料理です。
体型を気にする男性の皆さんには夜ではなく、昼に食べることをオススメします。少なくとも炭水化物お茶碗二杯分ですから‥。

タイトルとURLをコピーしました